アパート

投資マンションの上手な資産運用~テキパキ投資術~

マンションへの投資

インフォ

投資の種類

投資の種類には様々なものがありますが、重要なことはリスクをどの程度みるのか、収益をどの程度見込むのかを決めることです。ほとんどの人が多少のリスクは必要だと考えていますが、大幅に損失が生じるような投資には二の足を踏むでしょう。また、収益に関しては利息が低くなった今日、銀行にお金を預けておくよりは高い利回りを得たいと考えている人が多いようです。低リスク低リターンを求める場合にはマンション経営を行うことが考えられます。マンション経営はFXや株式投資に比べると爆発的な利益を生むことはありませんが、大きな損失が生じることもありません。初期投資としてマンションを購入すれば、あとはマンション経営を行うだけで安定した家賃収入を得ることができます。

空室リスクや滞納リスク

マンション経営を行っていくうえで注意しなければならないのはリスク回避をすることです。リスクが低いマンション経営ですが、まったくリスクがないわけではありません。主なリスクとして考えられるのは空室リスクと家賃の滞納リスクです。いずれも収益が減少してしまいますので投資計画とかい離が生じる恐れがあります。空室リスクに対応するためには、できるだけ人気のある物件を選ぶことです。自分が住んでいる近くの物件を購入したくなる気持ちは分かりますが、必ずしも住所地が人気のあるエリアとは限りません。人口集中地区にある投資物件を選ぶことが重要です。また、滞納リスクについては、早期対応が必須です。滞納する入居者は一度滞納してしまうと癖になってしまいます。始めが大切です。